Admin New entry Up load All archives

軽井沢 別荘のことから日常まで

軽井沢の別荘に特化し、土地の仲介から建築、その後の管理までをワンストップで提供している市川保工務店の市川将明による軽井沢の別荘建築のことから普段の日常までのblogです。       お問合せは0267-46-3130までお気軽にどうぞ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

失業率 

アメリカの失業率は9%前後で推移しているようです。
仕事がしたい人の100人のうち9人が仕事にありつけない訳です。

ただし州別に失業率の違いがあるようで、一番高いのが、
ネバダ州の13.4%、続いてカリフォルニア州の12.1%です。
いずれの州も住宅バブルが激しかったところで、
私は、その住宅バブルの真っただ中にカリフォルニア州で生活していました。

02180002.jpg


当時のカリフォルニアとお隣ネバダは凄い勢いで住宅地開発が行われていました。
一般的な住宅レベルで20万ドル~40万ドルが相場でしたが、
建てれば売れるような状態で値段もグングン上がり続けていたので、
1ケ月で10万ドル値上がるような物件も珍しくありませんでした。
06140006.jpg

これだけの好景気ですから不動産ブローカーはモデルハウスに
BMWやベンツで出勤するような状態です。
住宅が投機目的で購入され、所有者による組織HOA(Home owners associates)も
機能しなくなるなど少しずつ問題が出始めた時期でもあります。


私自身はバブル期のアメリカで生活していたとはいえ、
日本向けに仕事をしていたのでバブルとは殆ど無縁でしたが、
バブル絶頂期のアメリカを見て、やっぱり豊かな国だと感じていました。

しかし誰しもこの好景気が続くとは思っていなかったでしょうが、
世間が好景気感に流された結果、失業率が9%前後という状況です。



どんなに良い状態にあっても、自分を見失わず
信念を貫けるような人間でありたいなと思います。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
軽井沢の別荘建築のご用命は=別荘建築の専門会社
3.jpg
Facebooにて別荘ギャラリー展開中♪♪ お問合せは0267-46-3130まで
軽井沢 市川保工務店 | 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト

category: 日常

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。